木の家を建てる設計事務所

ホーム > ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

物干し考―屋外編サービスデッキ

梅雨真っただ中のはずですが、意外にまとまった雨が少ない関東ですね。先週に続き、洗濯物干し場に関することを書いてみたいと思います。1階物干し・・・サービスデッキ設置のおススメです。 ■洗濯物干しは1階に物干を、2階ベランダでなく1階で考えたいという要望が少なくありません。理由を聞いてみると、・炊事洗濯など主な家事を1階で行うので、 ...[続き]

物干し考―屋外編ベランダ

関東もとうとう梅雨に入りました。気温は高すぎず過ごしやすい面もありますが、ジメジメするこの時期に一番悩ましいのは洗濯に関すること。空模様を見ながら、洗濯物を外に干すべきかどうか悩み、降ってきたら取り込みに走り、そしていつまでも乾かない...と、洗濯のことが気になりっぱなしという方も少なくないでしょう。しかし、しないで済まないのが ...[続き]

5年点検

東村山Sさんの家 に、5年点検で伺いました。庭木が大きくなり、塀やベランダの木部が色濃くなり、5年の月日を感じる落ち着きが見えています。点検箇所のリストに沿って、まずは外部、次に内部を見て行きます。外部では、木部の劣化が少し気がかりでしたが、概ね問題なし。ベランダはしっかりと屋根が架かっているだけあって、雨に濡れた痕こそあります ...[続き]

構造体に合板を使用せずに、耐震等級2以上を

久しぶりの更新で、ご無沙汰いたしましたこと、お詫び申し上げます。設計、現場、諸々研究会、家事、遊び(主に自然探索)がいつもing状態で、振り返ることもなく日々が過ぎ。などと言い訳を...(苦笑)。さて、構造用合板を使わずに、耐震性の高い木造住宅をつくろうという試み、形になってきました。■合板フリーを目指す意味耐久性や健康への影響 ...[続き]

石神井町の家 完成見学会

前回記事に続いて、再びのご案内です。 ―敷地27坪・建物27坪 健康な木の家― ●日時:2017年 3月11日(土)、12日(日)10:00~15:00  ●場所:練馬区石神井町  最寄り駅:西武池袋線・石神井公園駅より徒歩10分 ※ご都合の良い時間帯にどうぞ※詳細は、お申し込み後にご案内します。 建築基準法の完了検査も済み、あ ...[続き]

完成見学会@石神井公園

石神井公園近くのS邸が、3月初旬の竣工に向け仕上げ工事が進行中です。 敷地27坪・建物27坪 健康な木の家 完成見学会   ●日時:2017年 3月11日(土)、12日(日)10:00~15:00  ●場所:練馬区石神井町  最寄り駅:西武池袋線・石神井公園駅より徒歩10分 ※ご都合の良い時間帯にどうぞ※詳細は、お申し込み後に ...[続き]

フェーズフリー住宅デザインコンペ2017

盛況御礼!向陽町の家完成見学会

昨日の完成見学会では、30組以上の方が来場され、暖かい木の家を満喫いただきました!当麻大工の自邸で、仕事用の事務所&打ち合わせ室を備えた、親子三世代住宅です。朝から外気温の低いままの一日でしたが、玄関から一歩足を踏み入れると、ほんのりとした温かさに包まれます。暖房は、1階の居間の床暖房のみなのですが、セルロースファイバー断熱とL ...[続き]

撮ってもらいました

先日監理中の現場にて、建て主さんが撮ってくださった写真。現場に出かけても我々が撮るのは建物ばかり。こんな風に撮ってもらうことはあまりなく、SWさんありがとうございます! ...[続き]

三世代が暮らす、本物の木の家@所沢 完成見学会

所沢の工務店さんの自邸が、私どもの設計で完成しました!この、家づくりの工夫が詰まった二世帯住宅の見学会を開催いたしますので、是非お運びください。 ■日時:2016年11月23日(水・祝)10:00~16:00 (ご都合の良い時間帯にどうぞ)■場所:埼玉県所沢市  最寄り駅:西武新宿線・新所沢駅より徒歩12分、駐車場あります※詳細 ...[続き]

ヒバ浴槽取り替え

1994年ですから、19年前に竣工した当時の浴室の写真です。前事務所(連合設計社市谷建築事務所)時代に担当した世田谷の物件です。それまでの人生で木の風呂の家にしか住んだことがないので、やはり木の浴槽に、、、という建主さんのご要望で採用したのがこのヒバ浴槽でした。町の風呂桶屋さんがつくる桧風呂とは違い、テクニカルな下処理が施された ...[続き]

追い込み工事中!

向陽町の家が、今月末の完了検査に向け、追い込み工事中です。国の「地域型ブランド化事業」の採択を受けた建物で、補助金をいただく関係上、今月中の竣工が必須です。大工棟梁の自邸のため、何かと工事が後回しになってしまい、間に合うかとハラハラさせられましたが、何とか出来上がりそうです。工事が始まると、棟梁自身ああもしたい、こうもしたいとの ...[続き]

ささやかだけれど、役に立つリフォーム

7~8月の1か月半でリフォーム工事を行ったお住まいがあります。 70代のご夫婦が暮らす築36年の木造住宅で、1階部分中心のリフォームでした。 とあるシニア向け雑誌の取材を受けていただくことになり、先日撮影に立ち会ってきました。 このお宅のリフォームでの一番の要望は、寒さの解消と陽の射さない居間を明るくしたい、とのこと。冬の朝の居 ...[続き]

私と吉田桂二展

昨年85歳にて逝去しました、建築家・吉田桂二の展覧会のご案内です。 私と吉田桂二展 ~生きることは創ること~   9月16日(金)~20日(火) 11:00~18:00 rengoDMS/連合設計社市谷建築事務所 私や新井が、学校を終えてから独立するまでの十余年、師事したのが吉田桂二です。 彼の残した業績は膨大で、住まいづくりか ...[続き]

構造&断熱見学会 向陽町の家

呼吸する、健康な木の家 構造見学会4月に着工した向陽町の家。床板張りを終え、セルロースファイバー断熱の施工も進み、見学会を催すことになりました。このタイミングでしか見られない箇所もありますので、多くの方のご参加をお待ちしております。 ●日時:2016年7月30日(土)13:00~15:00*午前または3時以降がご都合よろしい方は ...[続き]

テントの下の地鎮祭

いよいよ着工の石神井公園の小さな家。まずは恒例、地鎮祭からスタートです。しかし昨日は朝からあいにくの雨。雨足は強まったり弱まったりしながらなかなか止みません。そろそろ出かけようかと思っていたところに、先に現場に行ってくれている工務店さんから「大変だ!」の電話が。うっかりしていましたが、この時期は植物の成長期。草ぼうぼうで、祭壇が ...[続き]

わが家の畳、表替え

入居前リフォームをしたわが家。今月末で引っ越してからちょうど7年が経過します。 入居後3か月くらいの様子です。家具も少なく、畳もまだ青さを残しています。いつもお世話になっている加藤畳店さんに入れていただいた畳は、5層構造の国産藁床(わらどこ)で、表(オモテ)は熊本産イ草で織られたオーガニック表です。しっかりとした床(とこ)と目が ...[続き]

木材確認@ときがわ

設計中のM邸。架構計画が固まり、構造図が出来上がったのを機に、構造用木材を見にでかけました。この建物は、木材供給者や製材所・プレカット工場・工務店・設計者がグループを組み、国の地域型住宅ブランド化事業で採択された「森とまちをつなぐ 彩の木の家」による建築を想定しています。木材供給&製材をお願いするのが、グループメンバーの ...[続き]

古家解体に伴う、もろもろの事

建て替えとなる杉並の家。既存家屋の解体が概ね終わりました。築年ははっきりしませんが、既に100年に近いのでは...というのが建て主さんの言。残し改修することは選択せず、周囲からは惜しまれながらも取り壊しました。家屋の解体は滞りなく終わったものの、付属的な部分でいくつか想定外のことが発生。★井戸の話長年使用してきた井戸も、今回の解 ...[続き]

斜め張りの水平構面 

斜め張り?水平構面? 何のことかと思われる方もいらっしゃるかと。「建物の耐震・耐風」と言えば、壁に配置する筋違や耐震パネルが浮かびます。実は、床面も重要な耐震要素なのですが、あまり知られていません。垂直の耐震要素である壁に対し、床や屋根などで担う耐震要素を、水平構面と呼びます。揺れの力が加わった時に、建物が傾こうする力に対し、 ...[続き]
PAGE TOP