木の家を建てる設計事務所

ホーム > ブログ記事一覧 > 私と吉田桂二展

私と吉田桂二展

2016/09/13
昨年85歳にて逝去しました、建築家・吉田桂二の展覧会のご案内です。

私と吉田桂二展 ~生きることは創ること~
 
9月16日(金)~20日(火)
11:00~18:00
rengoDMS/連合設計社市谷建築事務所

私や新井が、学校を終えてから独立するまでの十余年、師事したのが吉田桂二です。
彼の残した業績は膨大で、住まいづくりから町づくりまでのフィールドで、建築そのもの以外にも、著作、描画、講演、教育など多彩な活動を行った人でした。
なにより、柔和ながら厳しいその人柄と生き様に魅力があり、事務所の内外に関わらず、たくさんの人に慕われ、その影響力は計り知れなかったと思います。
 
吉田の著作は数多く、今また読み返し、たくさんのメッセージを受け取り、喜びと励ましとともに明日の糧となります。
IMG_0057.JPG

吉田の逝去に関しては、本人とご家族の堅い意志があり、葬儀やお別れの会などは催されませんでした。
この度の展覧会開催も、「偲ぶ」や「回顧する」といったことでなく、訪れた人が吉田の仕事や残した言葉を通じて、未来に向けた何かを感じて欲しい、というのが大きなコンセプトです。
 
連合設計社の現スタッフとOBが中心となり、準備を進めてきました。
吉田の膨大な仕事の中から、何を選び何を見せるかは大変重い課題でしたが、準備に関わるメンバーも、それぞれの「私と吉田桂二」を探しながらの作業でした。
 
「創る」「つなぐ」「伝える」「語る」「つづる」「描く」などのキーワードを挙げ、若かりし頃の仕事から、八十を超えてからの歩みまで、図面(手描き原図も)や絵、写真、語った言葉を選りすぐって展示しています。
昨年、亡くなる前に描いた未発表の絵も、毎年開催してきた個展同様に展示することが叶いました。
お運びいただければ幸いです。
「私と吉田桂二展」_01.jpg

埼玉県戸田市で木の住まいづくりに取り組んでいる、建築士夫婦の設計事務所です。

ホッと安らげる無垢の木の家、家事がしやすくストレスのない住まい、光と風を感じる空間、健康負荷の無い自然素材の家、セルロースファイバー断熱の呼吸する住まい、高耐震住宅の設計を得意としています。
『家づくり至高ガイド』&『住宅リフォーム至高ガイド』(エクスナレッジ刊)その他、住宅に関する執筆多数。
新築・リフォームのご相談、土地探し、耐震診断、既存住宅調査など、小さなことでもお気軽にお問合せ下さい。

カタログ「心地よい木の家を」を無料でお送りいたします。



埼玉の木と、アトリエ・ヌックの家づくりをもっと身近に感じていただけるよう、
カタログ「心地よい木の家を」を作成いたしました。
ご希望の方には、無料でお届けしますので、お気軽にご請求ください。

PAGE TOP