木の家を建てる設計事務所

ホーム > ブログ記事一覧 > Hさんの家@tokorozawa

Hさんの家@tokorozawa

2015/03/01

施工中の所沢の家、木工事がどんどん進んでいます。

建て込んだ街区のため、冬至の前後は隣家の影から免れず、日射の乏しい状態が一月ほど続きました。
それから2か月が過ぎ、今では太陽高度はかなり高くなり、隣家の屋根を超えてしっかりと窓に届くようになっています。

午後1時半頃
s-画像 1323.jpg

吹抜け上の窓から、燦々と陽が。
s-画像 1295.jpg
足場にしているベニヤ板をどけると、1階の居間にたっぷりと陽が届きます。

ちなみに南西向きのこの窓。
夏は窓外のすだれで日射遮蔽の予定。

冬の夜のコールドドラフト対策は、空気層を持つ上げ下げスクリーンを設置します。
s-画像 1299.jpg
その設置スペースのため、窓開閉ハンドルを逃げて、窓額縁の奥行きを深く取っています。

T大工を相当悩ませた階段も、出来上がっていました。
この写真ではわからない、手前部分の納まりに苦心させてしまいました!
s-画像 1275.jpg
階段左手は、壁厚を利用した薄い本棚ができます。
なので、ここだけはセルロースファイバー断熱でなくボードタイプの断熱材を設置。
ぎっしり納まった文庫本の断熱性にも期待(?!)

埼玉県戸田市で木の住まいづくりに取り組んでいる、建築士夫婦の設計事務所です。

ホッと安らげる無垢の木の家、家事がしやすくストレスのない住まい、光と風を感じる空間、健康負荷の無い自然素材の家、セルロースファイバー断熱の呼吸する住まい、高耐震住宅の設計を得意としています。
『家づくり至高ガイド』&『住宅リフォーム至高ガイド』(エクスナレッジ刊)その他、住宅に関する執筆多数。
新築・リフォームのご相談、土地探し、耐震診断、既存住宅調査など、小さなことでもお気軽にお問合せ下さい。

カタログ「心地よい木の家を」を無料でお送りいたします。



埼玉の木と、アトリエ・ヌックの家づくりをもっと身近に感じていただけるよう、
カタログ「心地よい木の家を」を作成いたしました。
ご希望の方には、無料でお届けしますので、お気軽にご請求ください。

PAGE TOP