木の家を建てる設計事務所

ホーム > ブログ記事一覧 > 二つの現場、今年の区切り

二つの現場、今年の区切り

2017/12/31

年の瀬ぎりぎりでしたが、アトリエ・ヌック建築事務所の今年の仕事も無事区切りがつきました。

年初から休む間もなく忙しかったものの、公私ともに充実した一年を過ごすことができました。
現場に足繁く通ったなあと振り返ってみると、以下のような物件が動いていた一年でした。
・筑波K邸の大規模改修の現場監理と引き渡し
・杉並M邸の現場監理と引き渡し
・練馬S邸の現場監理と引き渡し
・武蔵野市H邸の大規模改修の現場監理と引き渡し
・所沢市O邸の工事着手
・三鷹市N邸の大規模改修の現場監理と引き渡し

設計活動以外にも大きなもので、グリーンエア工法開発、フェーズフリー住宅のコンペ&シンポジウム、女性建築技術者の会での定例会開催など、重要な実りある活動に関われたと感慨深く思っています。

建て主の方々はじめ、一緒に活動できた皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。

今年最後の現場は、三鷹市の大規模改修物件の完成でした。
構造補強&間取り変更のあった、難しい面のある物件でしたが、無事終えられ、関係者共々胸をなでおろしました。
DSC07839.JPG

DSC07836-2.jpg

DSC07861-2.jpg


10月に着工した所沢の新築物件は、構造体がしっかり出来上がる段階までこぎつけました。
水平構面にベニヤを使わない斜め張り工法の建物です。
IMG_6124.JPG

IMG_6148.JPG

この建物は、1月20日(土)に構造&セルロースファイバー断熱見学会を、
上記の大規模リノベ物件は、2月中旬に完成見学会を行います。

年明け、改めてご案内させていただきます。

それでは皆様も、よいお年をお迎えください。

PAGE TOP