木の家を建てる設計事務所

ホーム > ブログ記事一覧 > ボッチづくり、今年も参加

ボッチづくり、今年も参加

2017/10/10

ここ数年、年に数回訪れるようになった日光栗山の土呂部(ドロブ)地区。
鬼怒川温泉よりさらに奥の、ここ戸田からは車で3時間の行程。
栃木県で最も寒冷な地域です。

秋のこの時期は「茅ボッチ」づくりが行われます。

「茅ボッチ」とは、刈り取った茅場の茅=ススキを保存乾燥のため円錐状に束ねたもの。
RIMG6093.JPG

人々の暮らしが、自然と共にあった昔。
集落と森の間には、里山がありました。
ここ土呂部の里山には、何百年も前から人々によって守られてきた、カッパという名の草原があります。
カッパには、食料になるワラビなどの山菜が生え、草は馬や牛の餌となり、ススキは家の屋根材(茅葺き)に使われていたそうです。
しかし近年、屋根はトタン葺きに変わり、地区の人口が減って飼われる牛も少なくなり、カッパに人の手が入ることが少なくなりました。
すると、カッパには木が生えてやがては森になり、草花が消え、人々が長い年月をかけて守ってきた草原が絶えてしまいます。

カッパが森になるのを防ぎ、増えすぎたシカに草花を食べられないようにし、茅ボッチが立ち並ぶ秋の美しい里山風景を残そうと、活動されているのが「日光茅ボッチの会」http://kayabotti.jp/です。
私達も茅ボッチの会の活動趣旨に賛同し、毎年家族で茅ボッチづくりに参加するようになりました。

「日光土呂部の茅ボッチづくり」は、会の方々の運動のおかげで少しづつ認知されてきているようで、今年何度もの作業日に渡り、遠方からもたくさんの人が参加されているそうで、喜ばしいことです!

私達が参加した作業日も、会の方により既にカッパのススキや草は刈られ、穂を谷に向けきれいに並べられていました。
各自カッパに散らばり、鎌を使ってススキをクルクル集め、まずは小さな束をつくります。
IMG_1749.JPG
束ねる紐もススキです。回した後合わせてひねってたくし込むと、草が束状にまとまります。
これを5束合わせて円錐状に立てて、ボッチの形にします。
この大きな円錐を縛るのもススキ。丈夫そうな2本を逆向きに合わせて撚り、ボッチに抱き着きながら縛ります。
この時、ススキの穂が鼻や目に触れくすぐったい!
IMG_1753.JPG
ボッチづくりは、乾燥保存が目的ですから、てっぺんは細くして雨を受けにくくし、足元は風通しがよいよう広げ気味に形づくるのが大切です。
ボッチ君の目を付けて完成。
もう何度目かの参加となる私たちは、だいぶコツをつかんできて、3人で15体くらい作れたでしょうか。

乾燥ができたボッチは、冬の間の牛の餌となります。

作業が一段落すると、カッパ周辺を散策。
斜面を尾根まで上ると、カッパ越しに集落とその向こうの山が見渡せ、爽快です。
RIMG6101.JPG

紅葉が始まったツタウルシ。
松の幹にうまく絡まっています。
RIMG6097.JPG

野生のリンドウが咲き始めたばかりとのこと。
RIMG6096.JPG

カラハナソウ。
ホップと同種の植物で、これを使ったビールづくりを夢見ていると、会代表の飯村さん。
IMG_1746.JPG

今後もできる限り、この活動に参加したいと考えています。
日本全国、その地域地域で行われているこういった環境保全活動。
こういう活動に多くの人が何らかの形で関わり、点が線となり面となりしていくと、日本もいい方向に変わっていくのではないかな~と思えます。

最後に「栗山ツアー」http://kuritour.jp/のご紹介を。
この土呂部の茅ボッチづくりをはじめ、様々なアウトドアイベントを企画運営しているのが「栗山ツアー」です。
年間を通して、体験型の面白そうなツアーがたくさん用意されています。
これからの栗山は素晴らしい紅葉の季節の始まりです。足を伸ばす価値ありですので、是非出かけてみてください。


私達家族の作業風景が、下野新聞電子版SOONで紹介されました!













埼玉県戸田市で木の住まいづくりに取り組んでいる、建築士夫婦の設計事務所です。

ホッと安らげる無垢の木の家、家事がしやすくストレスのない住まい、光と風を感じる空間、健康負荷の無い自然素材の家、セルロースファイバー断熱の呼吸する住まい、高耐震住宅の設計を得意としています。
『家づくり至高ガイド』&『住宅リフォーム至高ガイド』(エクスナレッジ刊)その他、住宅に関する執筆多数。
新築・リフォームのご相談、土地探し、耐震診断、既存住宅調査など、小さなことでもお気軽にお問合せ下さい。

カタログ「心地よい木の家を」を無料でお送りいたします。



埼玉の木と、アトリエ・ヌックの家づくりをもっと身近に感じていただけるよう、
カタログ「心地よい木の家を」を作成いたしました。
ご希望の方には、無料でお届けしますので、お気軽にご請求ください。

PAGE TOP