木の家を建てる設計事務所

ホーム > 実績のご紹介 > Aさんの家(mitaka)

Aさんの家(mitaka)

紅茶の卸を営むオーナーとお子さんのため、住まい兼オフィスのリフォームを行いました。
接客の場でもある1階部分を先行し、完全にプライベートな2階部分は数年後にと、時期を分けて行ったリフォームです。
建物は築27年の木造住宅で、1階部分は耐震補強をメインに内装の一新、2階部分は大人家族のための思い切った間取り変更を行いました。

18921004_2015-01-06_03-29-39_(1).jpg
生活感の隠せなかった家族の居間・台所を、接客のできるスペースにするため内装を一新。
壁はシックな色合いのライムコート、床板と同材の木枠をアクセントに、既存のドアはビビッドな色に塗装した。

18921005_2015-01-06_03-29-42_(2).jpg
出窓部分に入れたたすき掛け筋違いと、それに絡めた飾り棚。

18921006_2015-01-06_03-29-45_(3).jpg
ステンレスキッチンと続くサービスカウンター

18921007_2015-01-06_03-29-50_(4).jpg
顧客を迎えての紅茶のテイスティング作業

18921008_2015-01-06_03-29-54_(5).jpg
読書好きのオーナーのためのキッチンの一角の読書コーナー

18921009_2015-01-06_03-29-58_(6).jpg
階段下の物入れだった部分をデスクコーナーに改造。

18921010_2015-01-06_03-30-01_(7).jpg
2階改修時に同時に行った階段の化粧直し。蹴上板を白く塗装しただけでモダンな雰囲気に。

18921011_2015-01-06_03-30-04_(8).jpg
2階部分は、3室の個室が占めていたが真ん中の1室をオープン化し、家族共有のコモンスペースとした。

18921012_2015-01-06_03-30-06_(9).jpg
大きな鏡は空間に視覚的な広がりを持たせるのに効果的

18921013_2015-01-06_03-30-10_(10).jpg
コモンスペースにはデスクをしつらえ、これも家族で共有

18921014_2015-01-06_03-30-12_(11).jpg
北の1室を2つに分け、息子さん二人の個室に当てた。うち西の部屋。押入れ下を書架と読書スペースに、上をロフトベッドに改造。

18921015_2015-01-06_03-30-15_(12).jpg
東の方の個室。最小の3畳にクローゼット、デスク、本棚を造り付け。

18921016_2015-01-06_03-30-21_(13).jpg
オーナーの寝室。既存サッシの内側に設けた木製框のガラス戸は、断熱と目隠しのために。

18921003_2015-01-06_03-29-36_(14).jpg
内装デザインの核になっている白壁は、無垢の羽目板に白い塗装を施したもの。

PAGE TOP