木の家を建てる設計事務所

ホーム > 実績のご紹介 > Kさんの家(kawagoe)

Kさんの家(kawagoe)

お子さんの独立を機に、将来の一人暮らしの老後を安心して暮らせるためのリフォームを行いました。
1階だけで生活を送れるようにするための間取り変更、築31年で古くなった
内外装の補修と化粧直し、大地震を想定した耐震補強を行いました。

18921055_2015-01-06_03-40-09_(1).jpg
家の正面真ん中にあり、1階の間取りを左右に分断していた玄関を左端に移動。
元の縁側部分を減築しポーチとした。

18921056_2015-01-06_03-40-11_(2).jpg
この特徴あるデザインのポーチを、刺繍で表現した建主さんご友人の作品

18921057_2015-01-06_03-40-14_(3).jpg
玄関。廊下を作らず、正面引戸から向こうはオープンな居間空間。
左手に見える小扉はシューズクローク入口。

18921058_2015-01-06_03-40-16_(4).jpg
元の玄関があった場所が居間に。床と立上りのコルクタイル貼りは、愛犬との暮らしに配慮してのこと。

18921059_2015-01-06_03-40-19_(5).jpg
居間の一角、本棚右手には手持ちの大ぶりな机が納まり、デスクコーナーに。窓下は蓄熱暖房機。

18921060_2015-01-06_03-40-20_(6).jpg
階段の登り口には引き戸を設け2階と区画。季節のよい時は開けておくと南北の通風ルートになる。

18921061_2015-01-06_03-40-22_(7).jpg
食道と居間を隔てる縦格子は耐震壁の役割も。キッチン脇、天井までの3枚引戸内は収納。洗濯機もここに収まる。

18921062_2015-01-06_03-40-24_(8).jpg
対面キッチン。一人暮らしでも、食堂のテレビや庭の緑を見ながら台所に立てる点が良さ。

18921063_2015-01-06_03-40-26_(9).jpg

洗面所からトイレを見る。トイレとの境は3枚引戸とし、将来ヘルパーさんなどの介助を受けることも想定。
トイレに見えるもう一つのドアは、寝室からの直接出入口。

18921064_2015-01-06_03-40-28_(10).jpg
元の和室を板張りに変えて寝室に。隣の和室にあった仏壇を、扉などの設えをそのままに移設。

18921065_2015-01-06_03-40-30_(11).jpg
改修前の食堂

18921054_2015-01-06_03-40-08_(12).jpg
改修前の玄関・階段

PAGE TOP